羆のカメラライフ

D7200を購入してから写真撮影が趣味になっているおじさんです。今はD5500をメインにJ5をサブに持ち歩いて撮影しています。不定期更新ですがよろしくお願いします。

第27回 超望遠撮影への憧れ

 一眼レフを購入して色々とレンズを知ったわけですが、倍率が小さいものは望遠撮影ができないというわけではありません。単焦点300mmレンズは倍率は1倍ですが、焦点距離は300mmなわけです。18-300mmは16.7倍ズームですが、300mm撮影しかできません。フルサイズ換算では1.5倍の450mm撮影に相当するのですが、これはセンサーサイズが小さければ小さいほど、焦点距離も大きくなります。

 

 コンデジのP600の場合、光学倍率は約64倍ですが、レンズの焦点距離自体は4.3-258mmとなっていて、300mmに至っていません。倍率計算は単純に最大焦点距離を最小焦点距離で割って計算した値に過ぎません。258mmのレンズでフルサイズ換算1440mmとなるのは、センサーサイズが1/2.3と小さいからということで、性能的には一眼レフより低くなります。焦点距離の大きなレンズとして、ニコンのレンズでAF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VRというのもありますが、価格的には150万円以上もするような高価なレンズです。これ以上の焦点距離での撮影が可能という点では、現行機種でP610やP900は魅力的という見方もあるでしょう。しかし、RAW撮影ができないなどのデメリットも有ります。

 

 18-300mmレンズを使って撮影していた場合、もっとズームがあった方がいいという場面も結構あります。先日、スーパームーンを撮影しましたが、300mm撮影では限界を感じました。

 

f:id:morinohiguma:20151110201218j:plain

 

 もっと月をアップにしたい!そう思ったら焦点距離の大きなレンズを買うしか無いのでしょうか。でも、その前に折角のRAWデータがありますので、クロップ処理やノイズリダクション、その他の色合いの調整などでどこまでできるかを考えた方がいいです。この写真のサイズは4800✕3200でした。

 

f:id:morinohiguma:20151110201425j:plain

 

 これくらい拡大しても、それほど大きなノイズは感じられません。サイズは1686✕1124まで落ちましたが、それでも縦横の長さが1/3は確保できていますので、大きく引き伸ばさなければ十分だと思います。A4サイズで297✕210ですので、これの5倍以上は確保できています。このような加工で満足できれば、年に数回しか使わないような超望遠レンズに手を出す必要はありません。でも、150-600mmは10万円前後で買えるので、ちょっと惹かれますね。

 

 以前に掲載した写真ですが、P600で撮影したものもあげておきます。

 

f:id:morinohiguma:20151021052653j:plain

 

 サイズは4608✕3456と縦横3倍くらいの大きさになっていますが、JPEG画像でここから色合いなどを加工したら劣化するでしょう。でも、コンデジでこれだけ撮影できれば十分だと思います。