羆のカメラライフ

D7200を購入してから写真撮影が趣味になっているおじさんです。今はD5500をメインにJ5をサブに持ち歩いて撮影しています。不定期更新ですがよろしくお願いします。

第15回 コンデジも馬鹿にできない!

 一眼レフを購入するまではP600を使っていました。一眼レフを購入するまではセンサーサイズというものをあまり気にせず、高倍率ズームを求めていました。今はズームはクロップやトリミングで対応すればいいくらいの気持ちですが、ズームが欲しい場面もあるのは否定しません。でも、レンズは大きくて高価ですのでなかなか手が出ません。

 

 コンデジのセンサーサイズについて気にするようなったのは最近でしょうか。一眼レフを使うようになり、倍率ではなくセンサーサイズと焦点距離を気にするようになって、余計に気になるようになっただけなのかもしれません。新しいデジカメを買うとしたら、センサーサイズは1インチ以上のものにすると思います。そのようなわけで、P900を買うという選択は今のところはありません。

 

 さて、このP600ですが、RAW撮影などの機能はありませんし、センサーサイズも普通のデジカメと同じで、ぼかしなどの一眼レフの醍醐味とも言えるような写真撮影には弱い感じがします。日常撮影ではそれほど困りませんが、望遠でのオートフォーカスが遅いのが最大の欠点で、特に暗所撮影や動体撮影には向きません。しかし、三脚を立てて落ち着いて望遠撮影するには威力を発揮してくれます。

 

f:id:morinohiguma:20151021052653j:plain

 

 先日、三脚を立ててスーパームーンを60倍で撮影してみました。月撮影用のモードに助けられたからか、かなりいい感じで撮影できました。こういう場面ではP600もいいなと今更ながら気付きました。300mmズームでD7200で撮影したものと比べても、もしかするとこちらの方が綺麗かなという感じもします。