羆のカメラライフ

D7200を購入してから写真撮影が趣味になっているおじさんです。今はD5500をメインにJ5をサブに持ち歩いて撮影しています。不定期更新ですがよろしくお願いします。

第12回 被写体によるレンズ選び

 一眼レフ初心者の私としては、レンズ代の高さには驚くばかりです。コンデジを使っていた時は4~5万円程度するようなカメラを使っていたものの、これは初期にしかかからないお金で、追加で何か購入しなければ撮影できないというレベルではありません。一眼レフの場合はレンズ・レンズフィルターなど、これだけでちょっとしたデジカメが買えるような価格になってしまいます。今のところはあまりフラッシュ撮影をする機会が無いのでレンズしか購入していませんが、必要になればスピードライトなども欲しくなるのでしょうか。

 

  価格は見慣れてきたものの、そう簡単に手を出せるわけではありません。今までも数万円程度のデジカメの買い替えに躊躇していたのに、レンズ1本に10万円以上も平気でかけるなんて、正気の沙汰ではないですよね。そんな私ですが、何故か普段撮影用にコンデジを買い換えようということには躊躇ってしまいます。この辺の感覚は個人差があるでしょうが、折角高いカメラを買ったのだから、一眼レフを徹底的に使おうという感じでしょうか。でも、普段持ち出すには重いですよね。

 

 レンズも全く無い初心者は、カメラ本体だけ購入するというわけには行かず、レンズ選びということになります。私はとりあえず色々と撮影できそうな18-300mmレンズのスーパーズームキットを購入したのですが、普段撮影では300mmまで使うことはありません。また、追加で購入したのは40mm/f2.8と70-200mm/f2.8ですので、焦点距離だけで言うと18-300mmと被る領域のレンズになっています。

 

 まず、日常のスナップ撮影で70mmでは苦しいでしょう。正直、40mmでももう少し広く撮影したいなという場面もありますが、子供の表情を撮影したり、狭い室内撮影ではこのレンズが今のところは一番最適です。そのようなわけで40mmマイクロレンズの出番が多くなっています。体育館などの室内撮影では70-200mm/f2.8を使いますが、このレンズを旅行などに持って行くのは大きく重いので、ちょっと躊躇います。

 

 旅行などで風景撮影や家族写真を撮影するには、やはり18-300mmレンズが活躍してくれます。これに40mm/f2.8を持って行ったとしても、それほど重くは感じません。むしろ、レンズを取り替えられる安心感があったりします。70-200mm/f2.8の方がいい場面もあるのでしょうが、日常撮影程度では18-300mmで十分です。

 

 やはり、大きな重いレンズは撮影目的がしっかりしているような場面でしょうか。私の場合は子供達の体育館でのハンドボールの試合などがあるので、A009を購入して後悔はありません。むしろ、キットレンズで頑張っても不満が残ったことでしょう。

 

f:id:morinohiguma:20151015062921j:plain

 

 被写体をしっかり捉えてくれて、逆光場面でもRAWデータから露出補正を後からできる一眼レフ、これを子供の部分だけクロップすれば、なかなかいい感じになると思います。

 

f:id:morinohiguma:20151016200406j:plain