羆のカメラライフ

D7200を購入してから写真撮影が趣味になっているおじさんです。今はD5500をメインにJ5をサブに持ち歩いて撮影しています。不定期更新ですがよろしくお願いします。

第10回 初心者に優しいプログラムオート

 ニコンの場合、Aモード・Sモードの他にPモードとMモードがあります。Mモードは絞り値やシャッタースピードを自分で固定できます。両方固定したい場合にはこちらを使うでしょうが、私はSモードかAモードを主に使っています。風景写真はAモードで若干絞り気味にしたり、スポーツなどの動きの激しい被写体ではSモードでシャッタースピードを1/500程度にしたりでしょうか。体育館などの暗い場面ではF値も最小になり、後はISOなどを自動的に調整してくれます。

 

f:id:morinohiguma:20151012062533j:plain

 

 シャッタースピードや絞り値を決めるのが面倒であれば、カメラ任せにするプログラムオートを使うといいかもしれません。完全なオートと違ってプログラムシフトという機能がありますので、シャッタースピードや絞り値を変えることができ、カメラで適正露出を判断して撮影してくれる便利なモードです。

 

 しかし、カメラ本体で適正露出と判断されても、露出アンダーや露出オーバーと感じる写真になる場合もあります。その場合はMモードで設定したり、露出補正を使ったりして好みに設定してみるのもいい手です。私はまずは撮影してみて、プレビューで確認して露出補正をかけるようにしています。ただ、カメラを動かせば露出加減も変わりますので、JPEG撮影だけでは折角いい写真が撮れても調整ができないということにも繋がります。後から編集することも考えて撮影した方がいいでしょう。